So-net無料ブログ作成
検索選択

白浜 [Travel]

熊野詣でのバスツアーを終えて、予定していた特急くろしおに乗って、もうひとつの目的地、アドベンチャーワールドがある白浜へ。
白浜のホテルはラフォーレ南紀白浜。予約後にホームページで確認したところ、白浜駅からはタクシーで約10分(約1,800円)、路線バスで約15分+徒歩3分、温泉旅館組合の無料シャトルバスで約30分とありました。ってことは、時間が合えば無料シャトルバスだな、とシャトルバスの時刻表を見てみたところ、特急が白浜駅に着くのが17:30で、最後の無料シャトルバスが17:35。ちょうどいいじゃあーりませんか。でも、たった5分しかないので、もたもたして遅れないように、すぐにそのページを印刷して忘れずに持って行っておりました。で、白浜駅に着いて乗り場を探してみたのですが、それらしきバスの姿はなく、どこで待てばよいのかがよくわからなかったので、目の前にあったインフォメーションセンターに入って、係のかわいらしいお姉さんに聞いてみたところ、なんと、最後のシャトルバスはもう出発してしまったとのこと。Σ(゚д゚lll)
持って行っていた紙を見せて「17:35発ですよね?」と聞くと、「あ、それは古いですね...。」と手元の時刻表を見せてくれたのですが、そこには17:30と書いてある! 「え? でも、特急が着くのは17:30ですよね??!!」と聞くと、「え、ええ...。」と気まずそうな返答。
うーん、17:30に特急が着くのがわかっていて、17:30発に変更しちゃうとは...。白浜の第一印象、めっちゃ悪かったっす!!! (`・ω・´)
ま、出てしまったものはしょうがないので、そこはすぐに諦めて、タクシーに乗ってホテルに到着。
ラフォーレというとそれなりの格のホテルのイメージでしたが、大きなホテルなのにドアマンさんもベルボーイさんもいなくて、フロントの対応もなんだか思っていたイメージと違う...。温泉や朝食の雰囲気からしても、どうやら、ここはファミリーがターゲットのホテルのようで。今回は母との旅だったのでOKですが、友達との旅ならもう選ばないかなー。母も太地のホテルは大絶賛でしたが、ここについてはノーコメントでしたわね。(・∀・;)

チェックイン後、夕食のために外出。
途中で白良浜に沈む夕陽を見られてゴキゲン。母は、水平線に雲があったため、海が夕陽に染まるところが見られなかったのを大変残念がっていました。意外にもロマンチストなのだな。十分でしょ、これ?
20130428-12.jpg

さて、お楽しみの夕食はガイドブックに載っていた幸鮨。19時に予約しておいて、15分前くらいに到着しましたが、既にカウンターはほぼ埋まってました。おまかせにぎりをお願いすると、「もしよかったら」とモチガツオのお刺身を勧められたので、二人で一人前をいただきました。こーれがうまかったー!!! (≧∀≦) モチガツオというのはカツオの種類のことではなく、取れてから数時間の身がもちもちしている状態のカツオのことをモチガツオというのだそうで、数時間しかその状態がもたないため、遠方では味わえないのだとか。本当に初めて食べるカツオの食感で感動しました。確かに味はカツオなんだけど、食感が違うので知ってるカツオとは全くの別物。勧めていただいて感謝!
この日のおまかせはトロ、アカイカ、タイ、玉子、アジ、アナゴ(たれ)、エビ、カンパチ、ウニ、(ここで赤出汁)、タチウオ(炙り)、つんつん巻き(わさびの花の細巻き)。これに追加で赤貝。最後にデザートで八朔のゼリー。シャリはちょっと甘めで私好み。珍しいネタはなかったけど、全部おいしかった。印象に残ったのはやはり最初のモチガツオのお刺身だな。二人で13,000円ちょっと。食いしん坊母娘、大満足~♪ (・∀・)v

さて最終日はアドベンチャーワールドへ。最初は母と別れたあとか合流前にひとりでパンダに会いに行こうと思っていたのですが、母もパンダを見たことがないので行きたいと言うので一緒に行くことに。開園15分前くらいに着くとゲート前には既にものっすごい数の人の波。Σ( ̄□ ̄lll) これっだけの人がパンダを目指して向かって行くと、パンダ待ちの行列は一体何時間待ちになっちゃうのかしら...と思っていたのにですよ。パンダを目指してどんどん進んでいくうちに、あっという間に人波は広い園内に分散していって、あ、ここにパンダがいるのか! と思った次の瞬間にはもうパンダを見つけてました。すげーよ、アドベンチャーワールド! GWにパンダに会うのに待ち時間なし、考えられないよ。上野だったら数時間待ちで一瞬でパンダの前からどかされてるよ。(←想像。) 和歌山の人は既にパンダを見飽きてるんですかね?? みなさーーん、パンダを見るなら、アドベンチャーワールドですよー。
パンダ見放題。写真撮り放題。ビデオ撮り放題。夢のようだわ。

最初に会ったのがこちらのお父さんパンダ、永明(えいめい)。
20130429090959 (1).jpg
双子の子パンダ、メスの陽浜(ようひん)。
20130429091236(1).jpg
と、オスの海浜(かいひん)。この双子、ちょっとソフトモヒカン入ってますな。かわいい。
20130429091552(1).jpg
そして、お母さんパンダの良浜(らうひん)と赤ちゃんパンダの優浜(ゆうひん)。やっぱり赤ちゃんパンダのかわいさにはかないませんわ。
P4293930.jpgP4293931.jpg
あ、そうだ。こんなものが展示されてました。いや~んと言いながら鼻を近づけてみると、ホントに竹のにおい(だけ)がしました。(〃∀〃)
DSC_0067.jpg

思う存分パンダを見た後はイルカとクジラのマリンショーへ。20分ほどのショーですが、これがまた感動的でした。演技の合間に大画面でリプレーを流したり、水中でイルカたちが泳いでいる様子を見せたりして、映像をうまく使ったショー構成になっていました。しかし、イルカやクジラもすごいけど、お兄さんやお姉さんもすごかった。鼻先で持ち上げられて、ふらつかずにちゃんとまっすぐ立ってるって、どう考えても簡単じゃない。そこからプールに飛び込む姿もかっこよかったし、お兄さんお姉さんの能力もすごかったわー。

よそのショーもこんなにイルカ出てましたっけ? 一斉にジャンプすると思わず「おーっ」と声が出ちゃいます。
20130429102937(2).jpg
ショーのあとにはイルカが客席側まで挨拶に来てくれます。かわいい~。
P4293952.jpg
マリンショー会場ではショーまでの待ち時間にポップコーンなどの食べ物や飲み物を客席まで売りに来てました。野球場みたい!
これは会場の外の売店(これも球場のようなつくりの売店)で母が買ったパンダ焼き。外はもちっとしていて中にはあんこが入っていて、意外なほどにおいしかったです。
P4293944.jpg

このあとペンギンを見て、初めて母と二人でパンダが背景のプリクラを撮って( ̄▽ ̄;)、お昼を食べて、アドベンチャーワールドは終了。
今度またゆっくり来たい夢の国でした♪

旅の最後にとれとれ市場に寄って、再びお土産を物色。
ここで、思いがけず、気になっていた鈴屋のデラックスケーキをゲット。会社女子に大好評でした。
それと、夕食用に幸鮨とれとれ市場店でえびマヨ巻き、玉子巻き、つんつん巻き、さんま寿司を購入。幸鮨さん、テイクアウトもおいしゅうございました。

2泊3日の初めての和歌山の旅、楽しかったなぁ。本当に楽しかった。
食いしん坊母娘、大満足の旅でした。感謝感謝。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。