So-net無料ブログ作成

西表島に行ってきた! ⑤ [Travel]

由布島から路線バスでホテルに戻ったのが17時過ぎ。
この日は20時からホテルのアクティビティ「夜のジャングル体験」に参加するので、それまでに夕食を終えておかなければいけません。部屋に戻って少し休憩して18時になってから決めていたKITCHEN inabaさんに出かけてみました。10月末で繁忙期でもないだろうからと予約もせずに行ったら、入口に「閉店まで予約で満席」とのお知らせが!! ガーーーン。Σ( ̄□ ̄lll) 人気店なのねぇ。ホテルに戻るしかないかと思ったものの、ダメ元でドアを開けて聞いてみたら「カウンターなら」と入れていただけました。よかった♪
入ってみると想像していたよりもずっとおしゃれなお店。そういえば食べログの口コミにもそんな風に書いてあったっけ。メニューを見て迷っていると、お姉さんがおすすめメニューのボードを持って来てくださったので、せっかくなのでその中から島野菜のバーニャカウダと近海魚の唐揚げを頼んでみました。
DSC_0955.jpgDSC_0957.jpg
島野菜の底のほうには紅芋。もちろんゴーヤも入ってます。モロッコインゲンとオクラは東京でも沖縄産をよく見かけるお野菜たちですね。バーニャカウダソースはちゃんと温かく濃厚でおいしかった!! 大満足。
近海魚は鯛の仲間の味でしたが、甘みがあって少しねっとりしていてとっても唐揚げに合う! 子供のころ母がよく作ってくれたカレイの唐揚げを思い出しましたが、こちらもめっちゃおいしかったです。
「近海魚の唐揚げ」と聞いてまさかこんな大きな一匹がまるごと出てくるとは思っていなかったのでびっくりしていたら、お姉さんが「沖縄ではよく丸のまま揚げるんです」とおっしゃってました。丸ごと揚げるのはグルクンだけじゃないんですねぇ。火の通りがいいように背中側にも深く包丁が入れられていて食べるのにも食べやすかったです。添えられている柑橘類はシークヮーサー。初めてさわりましたが皮が薄くて柔らかくてびっくり。すだちやかぼすのような硬さはなく簡単に絞れました。こんなところでも沖縄を体験♪
帰りにお姉さんに魚の名前を聞いてみたら厨房まで聞きに行ってくださって、「チユ、ミナミクロダイですね。」と教えてくださいました。翌日石垣島の市場に魚のポスターが貼ってあったのでミナミクロダイを確認できました。そうそう、まさにこの形で揚がってました!! 沖縄名は「チユ」と聞こえたのですが、これによると「チン」だったんだな。
DSC_0978 (2).jpg
KITCHEN inabaさん、とってもおいしかったです。最後の夕食も満足~。

そうして、いよいよ西表島最後のアクティビティとなってしまうのが「夜のジャングル体験」です。3泊4日なんてあっという間ですね。このツアーを初日に勧めてくださったアクティビティデスクのお姉さんによるとコースは決まっておらず、その日のガイドさんの判断で決まるのだそうな。1時間半で2,200円だし、お子様も3歳から参加できるツアーなので、ジャングル探検とは言っても夜のお散歩程度かなと大きな期待はせずに出かけました。ただ履物は長靴を貸してくださるので足元が汚れるかもしれない場所に行くのは確かなようです。その日の参加者は10人ぐらいだったかな、徒歩ではなくホテルの車に乗ってどこかに向けて出発しました。見ていると路線バスで通った星砂の浜の方向に向かっているようです。ガイドさんからは最初に「みんなで生き物を探しましょう~」と言われたので、車に乗っている間にも何かを見られることがあるようです。夜のジャングル体験となるとお客さんからはやはりイリオモテヤマネコを期待されるようで、ガイドさんの話はそこから自然とイリオモテヤマネコの話へ移っていくのですが、「イリオモテヤマネコを見たことがありますか? とよく聞かれますが見たことは何回もありますよ。でも、このツアーは200回くらいやっていて、これまでにたった 3回だけですね。」なんて話だったので、やっぱりヤマネコさんにはそう簡単に会えないよねーと思っていたのでした。
その日のその道もどうやら 1か月前くらいにその辺でヤマネコを目撃したので、再び出て来るのを期待して通ってくださっていたそうで「ヤマネコに会えなければただの遠回りです」なんて笑っておっしゃってました。あははは。
・・・と、ところが! ところがですよ!!
そんな話をしているところにイリオモテヤマネコが現れてくれたのですよ!!!
щ(゜ロ゜щ)
ガイドさんがすぐに気づいて車を止めて「ヤマネコですよ!」と教えてくださったので立ち上がって前を見ると、車前方の左側の歩道のところに立ち止まっていて、こちらをきょとんと見ていたと思ったら、すぐに車道側に入ってきて側溝のふたの辺りに座って、水を飲んでいたのか何か餌を見つけたのか、しばらくの間そこにじっとしてくれていてくれたのです!! その間にガイドさんが特徴をいろいろと説明してくださったのですが、そう、前夜のやまねこの学校で教わった特徴のまんまでした。胴長短足で尻尾が太くて耳が丸くて耳の後ろが白いのです。ガイドさんも興奮していて「ツアーで見るのはこれが 4度目ですがこんなにゆっくり見るのは初めてです」とおっしゃってました。どうやら大人のちょっと手前の亜成獣らしく「こんなに警戒心がないのは心配」とおっしゃってました。その警戒心のなさのおかげで私たちはゆっくり見られたのだけど本当に事故には遭わないでねヤマネコさん。ゆっくり姿を見せてくれたあと、突然何かに驚いたように道路を横切って反対側に消えて行きました。
ヤマネコを驚かせないためにほぼライトは消していたので写真も動画もうまく撮れなかったのですが、こちらが動画から切り出したあの日のイリオモテヤマネコさん。こんなちっちゃいのをわざわざ載せてすみませんねぇ。証拠画像ですから。記念ですから。ご容赦ください。(・∀・;)

ヤマネコさんその① 側溝のふたに向かって頭を下げて何かしてるところ。
MOV_0963(6).jpg
ヤマネコさんその② 頭部が後ろ向き。ちっちゃいしぼんやりだけど、耳の後ろが白い特徴がわかりますかしら。
MOV_0963(7).jpg
ヤマネコさんその③ 横顔。上の画像から横を向いたところです。
MOV_0963(8).jpg
ヤマネコさんその④ 正面。そしてこちらにお顔を向けてくれたところ。
顔、わっかんね~~~~~。( ̄▽ ̄;)
MOV_0963(9).jpg
こんな残念な画像しか残っていませんが、肉眼ではちゃんと見えましたし、脳裏にもはっきりと焼き付いています。めっちゃかわいかったです。(≧∀≦) あとで会社の猫好きの友人に見せたところ、こんな画像でも尻尾が普通の猫とは全く違うのがわかるとか。太いし普通の猫は座ったときに尻尾がこんな風にはならないのだそうです。
ヤマネコさんがいた時間はおそらく 5分あったかないかぐらいだと思いますが、そのあともしばらくの間、車内は興奮状態でした。ツアーが始まってほんの10分でイリオモテヤマネコが現れるなんてなんという幸運でしょう!!!
ガイドさんは最初にクライマックスが来てしまってツアーの続きの尻すぼみ加減を心配されていましたが、どれだけ尻すぼんでもこれで文句を言う人なんていませんよね。

ヤマネコさんに会えたあとはその遠回りの道を先に進んで行きました。途中で車を止めて「外を見てみてください」と言われて見えたのがヤエヤマホタルの光。蛍を見るのは子供のころ以来で感動しましたが、光っていたのは成虫ではなく幼虫なのだそうで。蛍って幼虫も光るんですね。知りませんでした! (この日 2度目の幼虫でしたが今度は姿は見えず光だけ。ほっっ♪)
そして上原港を過ぎたあたりを少し上ったところにある駐車場に到着。まずはそこで満天の星を鑑賞。辺りに灯りが何もなくて真っ暗な中で見上げた星空のまあ美しかったこと! ホテルの部屋からもよく見えましたけど、真っ暗だとあんなにもクリアに見えるんですね。遮るものの何もない大きな空いっぱいに無数の星がはっきりくっきり広がっていて吸い込まれそうでした。ガイドさんに教えていただいた天の川の様子も肉眼でちゃんとよくわかりましたよ。変な例えですが、まるでプラネタリウムのよう。いや~感動でした。多分これまでの人生で一番美しい星空だったな。

そこからは各自ライトを持って沢のようなところに入って行きました。石がごろごろあって水が流れていてカニがそこここに歩いていて。なるほどこれは長靴必須ですね。暗くて周りがよくわからなかったのですがそこは湿地帯の中とのこと。なのでミナミトビハゼも見られましたよ。カニもミナミトビハゼもどっちかちゅうと夜よりは昼間に見たかったですけど( ̄▽ ̄;)。歩いているときに周りで聞こえていた「ホホッ・・・ホホッ・・・」という鳴き声はリュウキュウコノハズクだったそうです。姿は見えませんでしたがこれは夜ならではの体験ですね。
ということで、確かにイリオモテヤマネコが登場しなかったらクライマックスなしのツアーだったかもしれませんが、星と蛍とコノハズクの鳴き声で私は満足でした。ヤマネコさんに会えなくてもまた行きたいです。

3日目も何もかもが楽しかった!
この日の歩数は21,179歩。この日も歩いたーーーーー!! (≧∀≦)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。