So-net無料ブログ作成

ぽんかん [food and drink]


20130225.jpg
三尾農園さんのぽんかんを取り寄せてみました。
柑橘類好きというわけではないのですが、ぽんかんと文旦は大好きなのですよねぇ。
ジューシーなものより、ちょっとパサっとしている水分少なめな柑橘類が好きなのです。
しかし。
品種の違いなのだと思いますが、私の好きな味のぽんかんとそうでもないぽんかんがあり、最近は好きな味のぽんかんにあまり出会えないのですよね。
九州育ちなので、私が好きなぽんかんは九州産のぽんかんなのかも知れません。
と言いながら、この三尾農園さんは和歌山にあるんですけど。
2年前、オーガニック食品などを扱っているナチュラルハウスで見つけて、まさに私の好きなぽんかんの味だったので、「三尾農園」さんとしっかり記憶しておいたのですが、去年も今年もなぜかナチュラルハウスに入荷されない・・・。
ということで、食いしん坊は自ら取り寄せてしまいましたー。
一人暮らしなのに3.5kgの箱買い。(送料込みで 3,300円也。)
どうなることかとビクビクでしたが、思ったよりも少なめで、大小混ざって30個ほど。
1日2個で15日間。
・・・・・楽勝? ( ̄▽ ̄;)
とりあえず、宅急便が届いてから10分で、2個いただきました。
そうそう、この味♪
おそらく贈答品のぽんかんにはもっと糖度の高いものもあるかと思いますが、私はこの味が好きなのです。
調べたところ、ぽんかんには 4品種あるらしいので、この品種はなんですか?とメールで聞いてみようかと思いましたが、店頭で品種とともに売られているぽんかんを見たことがないので、今のところ、思いとどまっております。
(・∀・;)

ぽんかんの箱の中には他の商品の紹介などとともに「はじめまして」のご挨拶文も入っており、無農薬栽培を始めたきっかけなどが書かれていて、ちょっと感動しました。
無農薬なだけではなく、無肥料なのだそうで。
今の世の中、堆肥や有機肥料でも有害物質が含まれてしまう可能性があるからとか。
並々ならぬご苦労かとお察しいたします。
食いしん坊は感謝しなければいけませんなぁ。
何のアレルギーも無農薬食品へのこだわりもありませんが、私の好きな味のぽんかんを無農薬・無肥料で丹精込めて作っていただいたことに感謝しながら、いただきまーす。

天寿し [food and drink]

三連休前日の金曜日から有休を取って北九州に帰省しておりました。
目的は別にありましたが、せっかくなので友人がおいしいらしいよと教えてくれたお寿司屋さん、天寿しに初めて行ってきました。
なんでも、お酒を出さないお寿司屋さんなのに、1万円以上もするらしいとのこと。
北九州でお酒も出さずに1万円もするお寿司屋さんがあることにびっくりしましたが、ネットで調べてみるとなんだかえらく評判がよろしいようで。
東京のお寿司屋さんが勧める九州のお寿司屋さんでも紹介されているし。
カウンターの5~6席しかないそうなのでダメもとで電話してみたら、希望の時間で予約が取れました。
食いしん坊運は強いほうです。(・∀・)v

で、どうだったかというと、めちゃくちゃおいしかったーーーーっっっ。(≧∀≦)
そんなにたくさんのお寿司屋さんに行ったことがあるわけではありませんが、とりあえず、私の中では一番でした。
20130208_1.jpg20130208_2.jpg
予約のときに予算を聞かれて、ネットで14貫12,000円くらいと書かれていたので、それでお願いしてました。
この日の14貫の内容は以下のとおり。
  1. マグロ (佐渡の地曳網にかかったもの)
  2. アカイカ (ウニとトビウオの卵をのせて)
  3. 車エビ (軽くゆでて)
  4. 〆サバ 炙り (羅臼昆布とミョウガをのせて)
  5. ホタテ (つめ)
  6. ヒラメ (ヒラメの肝をのせて)
  7. タチウオ (炭火でゆっくり焼いて梅肉をのせて)
  8. マグロの漬け (マグロの出汁の漬け)
  9. キス 炙り (柚子胡椒で)
  赤出汁
 10. アジ (粉醤油で)
 11. サザエ (オクラをのせて)
 12. フグの白子
 13. アカムツ 炙り
 14. アナゴ
  玉子
  メロン

以上で、2人で25,000円でした。
お寿司屋さんに限りませんが、私の場合、あれが一番おいしかった! というのが頭に残るのですが、天寿しの場合、どれもこれもおいしくてひとつに決められないほどおいしかったです。お寿司でこういう体験は初めて。とにかくすごかった。
印象に残ったという意味ではマグロの漬けかなぁ。見た目はつやつやと美しくて、口に入れると出汁の香りが口の中いっぱいに広がって、マグロはとろけるような甘さで。三段階で感動しました。
創作寿司ってことでひとつひとつが工夫されていて、目にも美しいお寿司ばかり。
あ、写真はアカイカと〆サバです。食いしん坊は写真を撮るよりも早く食べたいので、写真は撮らないつもりだったのですが、この2つは特に美しかったので撮らせていただきました。
食べログにはたくさん写真が掲載されてるし、他のかたのほうがお上手だし。...と眺めていると、あー、よみがえるわぁ~。
シャリは小さめですが、さすがに14貫も食べるとおなかいっぱい。
私は大食いなので最後までいただきましたが、普通の女性には14貫は多いかも。
おなかの空き具合に合わせて、量は調節していただけるそうです。
私は食いしん坊だから、次も14貫だな。( ̄▽ ̄)

こんなにおいしいお店、もっと早く知りたかったなーと思うけれども、10,000円超のお店にそうそう行けるわけもなく、ようやくそんな年になってきたので、耳に入ってきたって感じかしら。
この年になっても、堅苦しい雰囲気のお店は緊張して苦手なので、その点でもリラックスして食べられて居心地のいいお店でした。
私が行った京町店は弟さんのお店で、もともとある本店のほうはお兄さんのお店のようですね。
そっちにも行ってみたいけど、予約が取れたら、またこちらかしら。
食いしん坊の神様におまかせしよう...。

写真の隅にちらっと映っているきゅうり、切り方を教えていただいたので忘れないうちに早く試そうっと。
ま、再現できる自信はあまりないんですけどね...。(´・ω・`)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。