So-net無料ブログ作成

ブータンに行ってきた! ⑪ [Travel]

ブータンを去る朝。ホテルのレストランから撮ったパロの街。見慣れた風景とももうお別れです。
20130729-1.jpg
10時の飛行機で空港まではすぐなのに、2時間前には行かないといけないというので、7時30分にホテルを出発。空港はとっても小さくて時間をつぶせる場所もそんなになく、ちょっとしたお土産品を買えるお店が少々ある程度。織物類を売っているお店もあったけれどクレジットカードは使えないという...。まぁ、そういう不便さも含めて楽しい旅だったかな。
織物は買えないけど多少は現金が残っていたので、250mlくらいのブータンの蜂蜜を2瓶購入。買ったあとに「ん? 液体?」と何かが脳裏をよぎったのだけれど、まいっかと思っていたら、よくなかった。バンコクでの乗り継ぎの手荷物検査で没収されてしまいました...。がーーーーーん。orz
でも、パロの商店街でその蜂蜜を売っていたことは写真で確認できたので(・∀・;)、次回訪れる機会があれば、真っ先に蜂蜜を買うぞ、というモチベーションになっております。( ̄▽ ̄)

帰りももちろんDruk Airで。青空に尾翼のデザインが映えるなぁ。
20130729-2.jpg
帰りのDruk Airはダッカ経由でバンコクまで。バンコクで6時間も時間をつぶして翌朝無事に日本に帰国いたしました。
あーーーーーー、楽しかった!!

帰国してからもっともっとブータンのことを知りたくなって読んだ本がこちらの4冊。個人的に面白かったのは1と2ですかねぇ。1では先代国王のお人柄がよくわかって、かなり感動しました。やっぱりステキ。
2は1958年のブータンが書かれたもので、そこから50数年でここまで変化してきたのかと思うととても興味深い本です。
3は1と2を読んだあとに読んだので、既に知っていることがほとんどでしたが、いろんなことをふんわりとまとめてあるので、ブータンに行く前にさらっと読んでおくのに最適な感じの本です。
4はブータン難民について、反ブータン的視点で書かれていますが、ブータンのみでなく難民問題について勉強になりました。

ブータンに魅せられて (岩波新書)

ブータンに魅せられて (岩波新書)

  • 作者: 今枝 由郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/03/19
  • メディア: 新書







秘境ブータン (岩波現代文庫)

秘境ブータン (岩波現代文庫)

  • 作者: 中尾 佐助
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2011/09/17
  • メディア: 文庫

幸福王国ブータンの智恵 (知恵の森文庫 t さ 4-1)

幸福王国ブータンの智恵 (知恵の森文庫 t さ 4-1)

  • 作者: 齋藤利也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/07/12
  • メディア: 文庫

ブータン――「幸福な国」の不都合な真実

ブータン――「幸福な国」の不都合な真実

  • 作者: 根本 かおる
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: 単行本

リフレッシュ休暇で訪れたブータン、本当に心に残る旅になりました。
ホントのことを言うと、初日に到着してすぐパロの商店街で自由時間を過ごしていたときにはあまりにも田舎の小さな街で、私は本当にブータンを楽しめるのだろうか、すぐに退屈しちゃうんじゃないかという思いがあったのですが、午後の観光を終え、ホテルに着いて寝る頃には既にブータンに夢中になっていました。ホテルの様子がこれまでの旅とは全く違ったり、水道から出てくるお水が茶色かったり、建物の壁にでかでかとモノの絵が描かれていたり、最初はうわっと思うようなことがあっても、すぐに順応する自分に驚いたりもしました。既に5ヶ月が経とうとしていますが、今でもブータンの風景がありありと目に浮かびます。
美しかったなぁ、ブータン。
楽しかったなぁ、ブータン。
いつの日かまたブータンに行けますように。

ブータンに行ってきた! ⑩ [Travel]

タクツァン僧院から下山後、パロの街に戻って、織物屋さん「Chencho Handicraft」でお買物。このお店では機織りの実演も見られました。が、この距離に客がいても奥の女の子は携帯で電話中。(・∀・;) その前にはお弁当を手でつまんで、そのままの手で織り続けてたりしてましたけど、見てないことにしておきます。だって、この体勢、どう見てもラクじゃないもの。これを何時間も続けるって疲れそう...。お高いわけですね。
20130728-20.jpg
このお店にはお土産用の雑貨なども置いてあって、気に入ったマフラーがあったのだけれど、クレジットカードを持って行ってなくて購入できず...。ご縁がなくて残念でしたわ。

お買物のあとはブータンの弓道を体験。ブータン式の弓道は的までの距離が140mと遠いのですが、ここは仮の的を近くの適当な距離に置いて、とりあえず 1人 2本ずつのトライ。それでも女性陣は的まで届きませんでしたが。
私も弓にさわるのは初めてで、矢を指で支えながら弓を引かないといけないし、どういうふうに狙いを定めればいいのかがわからなくて、難しかったです。とはいえ、想像よりは飛んでくれたので満足でした。登山のあとに弓道なんてやらなくていいよーと思ってましたが、みんなで盛り上がって、なかなか楽しい体験でした。
こちらはガイドさん。やっぱりサマになってるわぁ。いつもの距離より短いので、ビシビシ的に当たってました。
20130728-21.jpg

続きまして。
次はホテルに戻って、ブータンのおそば「プタ」作り体験。登山のあとにそば作りなんてやらなくていいよー、と思ってましたが、これもなかなか楽しかった。まずはそば粉をふるいにかけるところから。ツアーの皆さんに「若いかた、どうぞ」と言われて最年少の女性と私(比較的若い)が担当。ふるいにかけたそば粉に水を加えながらこねていくのですが、何故かホテルのかたからはなんの指南もなく、ずっと自己流で...。(・∀・;) ツアーのおばさまたちから「手つきがいいわ」とお誉めいただいたので、だいたい合ってたってことだとは思いますが。
しかし、生地作りは前座で体験の本番はこのあと。わざわざそば作り体験がツアーに組み込まれている理由が理解できました。
生地をこねたテーブルが片付けられ、大がかりな装置(?)が持ち出されたと思ったら、これがなんと製麺機。
左の写真でホテルの男性が油を塗っている小さな四角い穴の部分にそば生地を入れ、その上にそばを押し出すための棒を乗せ、棒の外側に座って、てこの原理でところてんのようにそばを押し出すという仕組み...。
右の写真ではまだ何も出ていませんが、銀色のお皿にそばがにょろ~っと押し出されて出てくるという...効率が悪いことこの上ない装置でした!!!
(≧∀≦)b (失礼!)
20130728-23.jpg20130728-22.jpg
なんせこの装置の大きさに対して、そば生地を入れる四角い穴がとっても小さいもので1回でできるそばの量はほんのちょっと。ちょっととはいえ、きっとあれがちょうど1食分くらいってことですかね? しかし、この効率の悪さのおかげで(再び失礼!)、ツアーの13人と添乗員さんも含めて14人全員が、座って押し出すそば作りを体験することができました。いや~、笑った笑った。観光客向けの伝統的な装置かもしれませんけど、本当に楽しかったのでオッケー♪

スケジュール盛りだくさんのこの日最後の体験がブータン式お風呂ドツォ体験。ようやく登山のあとにぴったりな体験ですわね。
ブータン式お風呂は焼き石を入れてお湯を温めるもので、マンダラリゾートホテルにあるドツォは大人が4人くらい一緒に入れる大きさとのこと。中には希望しないかたもいらっしゃるので、体験希望者の中で、足湯のみでいい人と全身つかりたい人に分かれての体験。恥ずかしがり屋さんの私は(ちょっとかわいく言ってみた)足湯組。足湯は男女混浴(?)で、片側に3人、片側に2人の5人で一緒に体験しました。
20130728-24.jpg
石は銀色の筒の部分を通って上から転がって来て、こんな風に仕切りの内側に入っています。この仕切りがなかったら大変なことになっちゃいそうですもんね。
20130728-25.jpg
焼き石はもちろん自動的に転がって来るわけではなく、担当の人が裏にいて「石、足しますか~?」なんて大声で聞いてくれて入れてもらうわけですが、この日のお湯の温度はびっくりするほど熱くて、なんとか足をつけられるようになるまでに大量に水を足してもらった後だったので、「石、足しますか~?」という声が聞こえてきたときには「いりませーーーーん!!」と慌てて答えてしまいました。本当なら石が転がって来て、お湯の温度が上がるところも体験してみたいところでしたけどね。残念っ。

入浴体験が終わったら、ついにブータン最後の夕食。なんと再び旅行社さんが松茸を出してくださいました! いつものビュッフェスタイルに加えて、蒸し松茸に松茸のスープ。お野菜のフリッターとピーナツも。そして旅行社さんのサービスでドリンクも1本つきという大盤振る舞い。(・∀・)v
20130728-27.jpg
20130728-28.jpg20130728-26.jpg
20130728-29.jpg
下のお皿の右下の茶色いものが体験で作ったブータンのおそば「プタ」。日本のおそばより太くて、短くカットして食べるのですね。ゆでた後、炒めるようですが、この日のプタには細かく切ったパクチーが一緒に炒めてあって、あえなく撃沈...。パクチー食べられない...。(・ェ・`;) 残念っっ。

ツアー中は毎日早起きでスケジュールがぎっしりだったので、いつも夕食は終わり次第、早々に解散でしたが、この日の最後の夕食はガイドさん、ドライバーさんも一緒に旅の思い出を語りながらの楽しい夕食でした。
私は添乗員さんのあるある話に興味津々だったっけ。添乗員さんのいる旅なんてほとんど経験ないけれど、本当に大変なお仕事だなーと感じたのでいろいろと聞いてしまいました。いろんなお客さんがいる中で、このツアーは皆さんいい人ばかりで...と添乗員さんはおっしゃってました。あ、あの場でホンネは言えないか...。
でも、ワタシ的にはツアーの皆さん、添乗員さん、ガイドさんにドライバーさんといい人たちに恵まれ、天候にも恵まれ、楽しい旅だったなぁ。本当に本当に。


ブータンに行ってきた! ⑨ [Travel]

⑦と⑧を下書きフォルダーに放置すること数カ月...。(-_-;)
ようやく先ほどリリースいたしました。
すっかりブログが面倒になってしまっていますが、ブータン旅行記だけは年内に書き上げねば...と12月も終わりに近づいてきてようやく重い腰を上げた次第でございます。
これから書くのは7月の話ですよ。記憶もかなり怪しくなってまいりましたが、レッツゴー。

ということで、ブータン滞在 5日目はついにこの旅のクライマックス、タクツァン僧院へ。タクツァン僧院は昔の高僧が山で瞑想をした岩穴のある場所に建てられた僧院なので、山の岩肌に貼りつくように建っています。もっと楽に行けるところで瞑想してほしかったよ...と罰当たりなセリフを何度吐いたことか。ツアーの日程表によると、往復5~6時間のハイキング(ちゅうか登山ですけど)、上まで登らずに途中の展望台で待っていることも可能、なんて書いてあるもんで、初日からツアーの皆さんとの間では「登ります? どうします?」って会話が幾度となく繰り返されていました。その度に私は「いや~、登ってみないとわからないです。お天気次第ですかね~。」なんて答えてました。添乗員さんの話によると、前回のツアーでは天候が悪く、全員が第一展望台まででリタイヤだったとか。Σ(゚д゚lll) タクツァン僧院は標高3,100m、第一展望台も2,800mらしいので、そんな高地を山登りどころか平地も普段は大して歩かない私が果たして登れるのか?? ホントに自信なかったのですが、なんせ旅慣れたかたの多いツアーだったので、「大丈夫。ゆっくり急がずに自分のペースで登れば必ず登れますよ」と言ってくださったかたがいらして、それが本当に心強かったです。
そして迎えた当日の朝。早朝雨が降ったそうですが、ガイドさんのお話によるとこの時期は早朝に降れば登っている時間帯には降らないのだとか。ということで、お天気は保証されてしまいました。あとは私の気力次第...。
スタート地点でまずはみんなで揃って、いや散らばって青空トイレ。これが3度目で最後の青空トイレでした。覚悟していたよりは少なくすみましたわ。

歩き始めてすぐに撮った写真がこちら。前の山のちょうど雲がかかっているすぐ上のあたりに白い建物があるのがわかりますかしらん。それが目的地のタクツァン僧院です!!
20130728-1.jpg
いやしかし。自分でもびっくりするほどにあっという間に苦しくなりました。普段から山登りなんかしないもので、他の山登りと比べようがないのですが、高地の登山はめっちゃくちゃきつかった。とにかく息が切れるのです。体が重いのです。足が上がらないのです。平坦な場所ならそうでもないのに、ちょっとでも上り坂にさしかかるとその瞬間に苦しくなっちゃう。「登る」という動作があんなに苦しかったのは初めてだなぁ。登っている時間そのものは短いので、体の疲労は感じていないのに、足がどうにも持ち上がらない。運動不足ながらも初めて感じる感覚でした。休んでも休んでも動き出すとすぐに息が上がってしまって、休憩所がある第一展望台までの約1時間、「うわー、無理だ。絶対無理だー。」って思いながら登ってました。
ようやく到着した第一展望台。
 20130728-2.jpg20130728-18.jpg
もうちょっと近づいてるかと思ったけど、まだまだでした。ε=(・д・`)
ここでトイレ休憩。ベンチに座ってお茶とビスケットをいただいているうちに「無理だー!」って気持ちもいつの間にか消えていて再び出発。ちゅうか、登りがきついんだな、登りが。平坦な場所だと普通でいられるのです。あの差は本当にすごかった。
第一展望台から歩くこと、また約1時間で、第二展望台に到着。ここは狭くてみんなでゆっくり座れるようなスペースはなかったけど、「展望台」らしく、タクツァン僧院が近づいてきてテンションは急上昇!
20130728-5.jpg
ここから何百段かの石段を下りて、何百段かの石段を上れば到着(何段だったか忘れた...)。最後の最後にスリル満点な道が待ち受けてるのかと思っていましたが、細い道ではあるものの落ちそうな危険は全く感じない造りになってました。というよりも、手すりの向こうを見下ろしてみようなどという心の余裕が全くなかったわけですが、もしかして手すりの向こうを覗いてたら怖かったのかしらん?
20130728-7.jpg
いよいよ僧院が近づいてきて急に空気が変わったと思ったら、現れたのは滝! これまた心の余裕がなかったせいか、全くその気配を感じていなかったので、非常に感動しました。この滝の場所、本当に心地よかったです。この滝を見たとき、リタイヤしなくてよかったーとホントに思いました。全てが報われた気がしました。いや、まだ目的地に到達してないんですけどね。
20130728-19.jpg20130728-6.jpg
でもこの滝を過ぎればほどなく到着~。私たちのツアー、ご年配の女性が多かったにも関わらず、13人中11人がリタイアせずにたどりつきました。優秀~(・∀・)v♪ 僧院につくと撮影禁止で荷物も預けないといけないので、途中で撮ったタクツァン僧院のベストショットがこちら。
20130728-9.jpg
無数に渡されているルンタ(旗)、こんなに長い距離を一体どうやって渡したのか聞いてみたら、弓矢でかけるのだそうです。ブータンはブータン式の弓道が盛んで、確かに街中でもガイドさんの説明に弓道(ガイドさんはアーチェリーと呼んでいましたが)の話がよく出ていたのですよね。なるほどねー。かけるところ、見てみたかったわ。
中の本堂は床が岩肌のままで岩山の上に建てられているのを実感。瞑想されたという岩穴は別の部屋の床板を開けて上から見られるようになっていました。昔の高僧がひとりで瞑想された場所を外国人が次から次へと床板を開けて懐中電灯で照らして覗いているという...。なんだか滑稽に思えてしまいましたが、有難い場所を見せていただいて光栄でした。

参拝後、第一展望台まで戻って昼食。
20130728-12.jpg
おなじみのビュッフェスタイルです。
20130728-13.jpg

昼食後に下山。下りは登りとは違う道でしたが、下りはラクチンでした。
休憩、参拝、昼食を含めて、全行程でやっぱり約6時間。苦労して到達した分、ご利益が...なんて期待はしませんが、達成感は確かにありました。やればできる。しかし、もう登りたくないかな...。( ̄▽ ̄;)
いろいろな感動がありましたが、その一つがこちらの男子高校生たち。
20130728-7.jpg
私たちのあとから登り始めてあっという間に追い越して行って、なんだろー?と思っていたら、清掃活動でした。私たちが参拝している間にゴミを拾ってあっという間にまた追い越して去って行きました。この日、日曜日だったんですよね。もし私が高校生のときに、マナーの悪い観光客が捨てて行ったゴミを日曜日に掃除しろなんて言われたら、ぶーぶー言っただろうなー。ブータンが清潔なわけがわかった気がしました。で、行きも帰りも多くの男子高校生とすれ違ったのですが、挨拶するとみんなシャイに微笑んで挨拶を返してくれて、ホントみんな素直ないい子たちばかり...な気がしました。

朝から6時間も登山をしたら、ワタクシとしてはこの日のスケジュールはそれだけで十分なのですが、観光最終日のこの日は非常にハードスケジュールでこの後も予定がぎっしり...。ということで、続きはまた次回。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。