So-net無料ブログ作成

世界体操2011 男子個人総合 [体操]

感動したーーーっ!! (≧∇≦)

今日は東京開催の世界体操、男子個人総合を見に行ってきました。
子供のころから体操が大好きだったわりには人生初の生観戦。
その人生初の生観戦が世界選手権で、しかも日本の内村くんが三連覇するところを見られるなんて、なんて幸せ者なのでしょう...!
チケットは5月のぴあ先行でゲット。お芝居やフィギュアスケートなんかではいつも抽選で外れるのに、今回は第一希望のアリーナ席が取れて、しかも前から2列目!!
会場に着いてみたら、お目当てだった鉄棒からはちょっと遠くて、平行棒と跳馬の間くらい。
でも、始まってみたら、多分アリーナ席の中ではスタンバイする選手たちを一番間近で見られる席だったのではないかな。超ラッキーでした。

個人総合は24人で、1位から順に6人ずつの4グループで回るので、4つの演技が同時進行していきますが、基本的にはグループ1を見ていくことになるのですな。
予選1位の内村くん、4位の山室くん、アメリカの2位オロスコ、3位リーバ、6位のイギリスのプルビス、7位のドイツのボイという面々がグループ1。
個人総合に進めるのは 1ヶ国2人までなので、5位のアメリカのホートンは出られなかったのですね。去年、銅メダルだったのに残念。
私が楽しみにしていたドイツのハンビュヘンもドイツで3番手だったので、個人総合には進めず...。これは本当に残念でした(´;ω;`)。
まだ怪我から完全復帰していないようで。"まだ" なのか、"また" なのかはよくわかりませんが、彼が万全だったら、内村くんといい勝負だと思うんだけどなぁ。ロンドンオリンピックでは万全なハンビュヘンを見られますように。

さて、グループ1はゆかから。私の席からはちょっと遠め。でも平行棒はどのグループもまだ演技していなかったので、目の前の演技で遮られることなく見えました。演技順は山室くんが2番手で、内村くんが5番手。
内村くんのゆかは別格でした。今日の出来はきっと彼の中でもよかったのだと思いますが、着地が全てカンペキ! いやぁ、すーごかった。すごかったわぁ。人間がやっているとは思えない演技でした。あれを生で見られただけで感謝です。

次があん馬。私の席からは一番遠い種目。でも、何をやっているかはちゃんと見えますよ。(・∀・)
山室くんも内村くんも無事に失敗なく終了。
ゆかからあん馬というローテーションだと普通は得点があまり伸びず、グループ1とはいえ他のグループのほうが上位に出るのに、なんと内村くんはこの時点で首位に立っちゃった。選手によって得意種目が違うとはいえ、なんという強さなのだ!?
3種目めのつり輪も私の席からは遠い向こう側。テレビで見るような力強さは残念ながらこの距離では伝わって来ず。(・∀・;)
着地の成功だけを確認して拍手~って感じ。でもやっぱり内村くんは見せ方がうまい気がしましたね。遠いとなおさら。

4種目めが跳馬。跳馬はすぐ近くなのだけど、残念ながら着地は遠い向こう側。演技に入る前の選手の表情などは伺えます。あと着地が決まったか、動いたかもわかる。でも跳馬ならではのダイナミックさを存分に味わえる位置ではなかったな。残念。
跳馬が得意の山室くんはちょいと動いちゃいましたが、内村くんはここでも着地を決めてました。その結果、Dスコアが高い山室くんより、内村くんのほうが点が高かった。跳馬はDスコアが低めでも、確実にEスコアを稼げるほうを選択したほうが賢明なのね。

そして、5種目めがいよいよ平行棒。やって来ました! 内村くんが、山室くんが、イケメンのドイツのボイが目の前に!!
キャーーーーー!! (≧∇≦)
そりゃあもう、大興奮ですよ。本当にこんなに間近で見られるなんて夢のようだ。あー、撮影禁止で残念だったなー。
平行棒の最初の演技者は内村くん。そしたら、選手が跳馬から移動してくる前に、コーチのお二人が走って来て、大急ぎで平行棒の準備を始めていました。平行棒っておそらく一番準備に時間がかかりますよね? 棒の滑り止めの塩梅が選手によって違うのか、それぞれがマイ滑り止めをタッパーみたいな入れ物にに入れて持って来て、前の人のを落としてマイ滑り止めを着けて、みたいな作業をしてるし、棒の間隔も微調整するのか、それぞれのコーチや選手自身が腕の長さや金属の棒を使って計ってる。
その作業を見てるだけでなんか感動しました。
そして内村くんの演技。それまで目の前で下位グループの選手の演技が行われていて、中にはお上手な選手ももちろんいたけれど、やっぱり内村くんの演技は洗練されてた。無駄がない。キレがある。
ってことで一級品、違うか、特級品でした。
選手が間近で見られて嬉しかったので、日本の2人とイケメンのドイツのボイにばかり目をやっていましたが、平行棒ではボイのあのさわやか笑顔が見られず...。演技前は集中してるし、演技後は出来に不満げで...。
生笑顔、見たかったなー。残念でした。

さて、最終種目は鉄棒。
この時点で内村くんダントツの首位、2位が山室くん。
内村くんの首位はともかく、山室くんがこの時点で 2位ってのがすごく嬉しかった。ごめんね、日本人なのにまさか2位とか想像してなくて...。山室くんは鉄棒のイメージがないので、銀メダルが取れるかどうかわからなかったけど、ただただ落下と着地の大きな失敗だけはないことを祈っておりました。
そうしたら、最初の演技者のボイがものすごい演技をしちゃって、その時点の首位に踊り出ちゃった。これは本人も納得満足の大ガッツポーズでした。
あー、あの笑顔を間近で見たかった。
3番手が山室くん。離れ業は少なく、慎重に演技しているように見えました。着地も大きくは乱れずまとめたけど、残念ながらこの時点でボイに追いつけず 2位。
そのまま抜かれることなく最後の最後が内村くん。この時点で点差があったので、1度落下したくらいじゃ金メダルは逃げないから大丈夫、と安心して見ておりましたが、落下しないどころかこれまたすごい演技だった。
完璧な着地の瞬間、拍手の嵐! スタンディングオベーション!!
いや~、鳥肌もんだったなー。いつまでもいつまでも誉めたたえていたい金メダルでした。

全ての演技を見て、内村くんの演技は質が違いました。Eスコアだけで計れないものを見せてもらいました。大会前のインタビューで海外の選手も言ってましたが、内村くんは別格。ホントに格が違いました。
正直言うと、もうちょっと競った試合が見たいけど、内村くんのあまりの完璧さはそれだけで価値がありましたわ。
内村くんは去年ボイと田中理恵ちゃんがもらったエレガンス賞も受賞。
そりゃそうだ。あれ以上、魅了させてくれる選手はいませんわ。
そしてそして、山室くんの銅メダル!! 嬉しい! これは嬉しい!!
今大会を見て、去年と比べて山室くんが成長したなーと思ってましたが、個人総合で銅メダルが取れるほどだったとは正直思ってなくてごめんなさい。きっと何よりも彼自身の自信になりますよね。
内村くんと仲良しの山室くん、いい影響を与えあっているのだろうな。これからの山室くんのますますの飛躍に期待!

今大会で目に止まったのは、鉄棒の落下で途中で終了になってしまったリーバ選手。まだ19歳だっけ。19歳には見えない迫力のあるいい演技をしますね。迫力はあるけど荒くなくて、とっても魅力的。
それと、ボイ選手はもう既に有名ですが、同じドイツで8位に入ったニューエン選手も全部は見てないけどきれいな演技をしてました。ハンビュヘンもいるし、ドイツの体操、好きだなぁ。

明日からは種目別。種目別はスペシャリストたちが出てくるので日本の金メダルは難しいかもしれませんが、何かしらのメダルは取ってくれるんじゃないですかね? 個人的には田中祐典くんの鉄棒に期待してますが、まだ首が万全じゃないかしら。
世界体操もあと2日。楽しみだー!!

あ、会場内は撮影禁止だったので、帰りにゲートとこんなもんを撮って来ました。マネキンが着てるとなんか不気味~~~。( ̄▽ ̄;)
20111014.jpg20111014-2.jpg


世界体操@ロッテルダム 種目別 [体操]

ここのところ書くことが山盛りでちょいと遅くなりましたが、23日、24日の
深夜に放送された体操の種目別。
結果は知ってましたけど、ようやく録画を全部見終わりました。
内村くんは種目別でもゆかで銀メダル、平行棒で銅メダル!
団体の銀、個人総合の金と合わせて、4つもメダルを取っちゃいました。
他の選手がメダルに届かなかったのはちょっと残念でしたが、エース内村くん、
本当にすごいです。
種目別は個人総合と違ってスペシャリストの活躍の場なので、個人総合
に出る選手がメダルを取るのは難しくなってくるだろうと去年解説の米田さん
がおっしゃってたのですよねー。
でも、内村くんはゆかでは金メダルも取れそうな勢いでした。
年々ものすごい勢いで進化している内村くん、来年の東京開催の世界
選手権、めちゃくちゃ楽しみだー。
絶対見に行くぞー。
ライオンズの日本シリーズと日程が重なってなかったらね。(・∀・)b

大好きなハンビュヘン選手も平行棒と鉄棒に出ていて、鉄棒で銅メダル
です。やっぱり童顔に似合わず、力強くて美しい。(〃∀〃)
私ならもっと高い点をあげるんだけどなー。
他の選手の鉄棒は派手だけど、あまり美しくなくて好きじゃなかった。
今回はやはり足の故障で全種目にはエントリーできなかったのだそうです。
来年は東京で内村くんとの対決が見られるかな。楽しみです。
放送で言ってましたが、なんとハンビュヘン選手、昨日がお誕生日だった
そうで。ってことは、私と同じ 10月25日が誕生日!!
いくつ違うかと言うと.....書きませんけど。
ますますお気に入りだな。

去年は種目別の跳馬に感動したのだけれど、今年は山室選手も出場
したつり輪に感動でした。
1位と 2位の中国の選手、すごかったーーーー。
団体戦のときもつり輪では日本との差を感じましたけど、圧倒的な美しさ
&パワーでした。つり輪は昔から日本はあまり得意ではない種目ですが、
同じアジアなのに、中国と何が違うんでしょね?
ゴマ油?
じゃないよね...。
とにかく中国のお二人の演技は非常に美しかったです。
山室選手もメダルまであと少しだったし、まだまだうまくなるでしょうから、
今後に大いに期待ですね。

ところで。
「すぽると」で体操器具の値段ランキングってのをやってました。
男女 8種目の器具の中で、一番高いのはなんだと思います?
そう、正解。
ゆかです。
私もゆかだと思いましたが、そのお値段にびっくり。
セノーという会社の製品の税込の定価ですが、安いほうから順番に。

   8位:鉄棒             623,700円
   7位:平均台          681,450円
   6位:跳馬             691,950円
   5位:あん馬           761,250円
   4位:つり輪            806,400円
   3位:段違い平行棒   840,000円
   2位:平行棒          953,400円
   1位:ゆか          15,540,000円

いっ、いっ、いっ、いっせん、ごひゃくまん~~~???!!! щ(゜ロ゜щ)
高く見積もって、500万くらいかと思いましたよー。
試合用だから高いのだろう、きっともっと安いのもあるのだろうと思って
セノーさんの HP を見てみましたけど、ゆかは 2種類しかなくて、安い
ほうでも 9,429,000円でした。Σ(゚д゚lll)
カーペットの下に硬さの違う 2枚の厚いスポンジが敷いてあって、その下に
強化された板の台が敷かれてて、その板の下には床全体で 2000個以上
のスプリングがついているという構造になってました。
大会によって、ゆかが跳ねるとか跳ねないとか聞きますが、こういう仕組み
だったのですねー。おもしろいーーー。(≧∇≦)
ちょっと体操を見る目が変わってきちゃいそうですわ。
どう変わるか.....と聞かれると困りますけど。


世界体操@ロッテルダム [体操]

内村くん、個人総合連覇!
去年ケガで欠場していたドイツのハンビュヘン選手との対決を楽しみ
にしていたのですが、ハンビュヘン選手は予選で全種目にはエントリー
していなかったので個人総合には残っておらず、今回もまた内村くんの
独壇場となってしまい、ちょっと残念。
でも、内村くんも今年は左肩を痛めていて、解説の米田さんの話に
よると、予選前の練習では本当にできるのだろうかと思うほどに状態は
よくなかったそうなのですが、そんな状態でも団体の銀メダルに続き、
個人総合の連覇。
しかも、合計点では去年を上回っての金メダルです。
技術力プラス精神力で掴んだ結果なのですね。
野球でなくても、やっぱりエースと呼ばれる選手はすごいのであーる。

一昨日の団体戦は、中国と僅差の 2位で迎えた最後の種目が日本
の得意な鉄棒だったので、逆転金メダルへの期待が大いに高まったの
ですが、落下のミスなどで逆転はならず銀メダル...。
もったいなかったなー。
今も予選はそのようですが、昔の団体戦は 5人ずつ演技をして、一番
点が低い人の点は除かれていたので、大きなミスも 1人までなら OK
な感じでしたが、今の決勝は 3人が演技をして、3人の合計点なので、
1人のミスが大きく影響しちゃいます。
きっと決勝はプレッシャーもさらに大きくなるだろうな。
最後の鉄棒で落下してしまった田中選手、今回は本来の実力を発揮
できなかったようでしたが、やはり平行棒なんかでの体線の美しさは日本
の選手の中でも際立っており、絶対に必要な選手。今後に期待です。

ハンピュヘン選手の演技も見られましたが、やはりいい! 大好き!!
力強くて美しくて、引退しちゃった冨田洋之さんタイプの選手。
個人総合で 2位になったドイツのボイ選手もパワーがあり美しい演技を
するオールラウンダーだったので、ドイツの体操には今後も要注目だな。
しかし、今回の大会を見て、改めて冨田さんの演技がいかにすごかったか
を実感しました。
いたんですよ、あの場所にコーチとして。
まだまだ現役でいてほしかったなー。まだまだ見たかったなー。
内村くんはタイプが違うので、内村くんのような選手もそうそういないんです
けど、両方見たい。...と思っちゃう。欲張り過ぎですかね、はい。

それにしても、決勝が 3人ずつだとあっという間に次の種目に進んでいく
ので、たくさんの種目に出る選手は大変じゃないのかしらん??
ファン的にはもっといろんな選手をたくさん見たいーと思いますが、テレビ的
には 3人と少ないほうが短くて助かるのでしょうな。
放送時間前に終わってしまった種目は結局録画でも流してくれなかったり
して、ちょいと不満の残る内容でしたが、LIVE で見られたのだからいっか。
今回の大会はクレーンカメラみたいなのを取り入れていて、全選手では
ありませんでしたが、つり輪や鉄棒を後ろから上を通って正面に移動して
撮ることがあったのですが、選手の演技内容を考慮しながらカメラが移動
していくわけではないので、まぁ~、見にくいこと、見にくいこと。(・∀・;)

そのポジションを真正面から撮られてもわかりづらいんですけど的な映像が
しばしば流れておりました。
しかも私、目で酔っちゃうタイプなので、微妙に気持ち悪くなっちゃうし。
できれば今回限りにしてほしいな。きっとお金はかかってるのでしょうが。

3日連続の夜更かしで力尽き、女子の個人総合は録画でいいや。
と眠ってしまったら、録画.....してなかった。あーーーあ。
でも鶴見さんは前回の銅メダルから、今回は 21位と残念な結果だった
ようです。田中さんは 17位ながら、エレガンス賞なるものを受賞したそう
ですよ。もっとも気品ある演技をした選手に贈られるそうですが、男子の
受賞者は 2位のボイ選手。
ってことは、17位での受賞ってすごくないですか? どうなんでしょ?
体操協会公式ブログにも「今回、あちこちの記者、カメラマンから『田中は
素晴らしい』『私は田中に一票入れた』という声が聞かれ、海外メディアの
反応は好評だった。」と書かれてました。
あの美しさは万国共通だったのね。嬉しいわん。(〃∀〃)

今日と明日は種目別。
フィギュアスケート NHK 杯もあってテレビ漬けですが、今夜も夜更かし。
ガンバレ、ニッポン!


世界体操@ロンドン 種目別 [体操]

昨日も夜更かしして世界体操 種目別を見ました。
昨日は生放送じゃなかったし、1:30 には終わりましたけどね。
最終日の種目別は男子の田中くんが平行棒、内村くんが鉄棒、
女子の鶴見さんが平均台に出場し、田中くんが銅メダル♪
田中くん、インタビューで本当に嬉しそうでした。(*・▽・*)
よかったね~。おめでとうございます~♪
鶴見さんは昨日は残念でしたが、一昨日の段違い平行棒では
銀メダル!! すごいすごい、すっごーい。
女子の体操はここ数年あまり真面目に見てませんでしたが、
鶴見さんは北京オリンピックでも思いましたが、安定してますね~。
それでもまさかメダルに手が届くとは思ってませんでした。
しかも 2つも! 大変失礼いたしましたっ。m(・ω・m)
女子体操は低年齢のほうが強かったりしますが、まだまだ 17歳。
ロンドンオリンピックまで日本女子体操を引っ張っていっていただきたい。

男子の種目別はびっくりするほどすんごいことになってました。
個人総合が内村くんの独走でやや物足りないなーと思っていたら、
なんだ、こっちに流れてたのか。
スペシャリストばかりなので、跳馬の Dスコア(演技価値点)なんて
みんなすごかったです。こんな難しい技を 2本揃えられる人がこんなに
いるんだ....ってオドロキました。日本人が出てないのに跳馬も放送
してくれて感謝感謝。勉強になりました。φ(・д・。)
鉄棒も離れ技のオンパレードでしたが、北京オリンピックのとき同様、
Eスコア(実施点)より Dスコア重視の演技が多くて、ちょいと寂しく
なってしまいました。雑というか乱暴というか.....。
あれで高い点がもらえるなら、できる人は点が出るほうをやりますよねぇ。
でも、あれは私が好きな体操じゃないや。
富田さんや内村くんや日本の選手がこだわっている "美しい体操" が
わたしは好き。
「これからは個人総合に出る選手は種目別でメダルを取るのは
難しくなってくるでしょうねぇ」と解説のヨネ様=米田さんがおっしゃって
ました。なんか悲しい。
昨日は内村くんの鉄棒の点が低かったのに対して、客席からブーイング
が出てました。きっとみんな同じ気持ちですよね。嬉しかったです。

国際試合ではレスリングもどきになっていた柔道が、ちゃんと柔道らしく
ルール改正されてきたように、体操ももしもこの先体操らしさを失いそうに
なったら、ちゃんとルール改正されていきますように。
でないと困る。困るよ。
内村くんとハンビュヘンが個人総合を引っ張っていってくれてる間は、
きっと美しい体操が支持されていくと信じています。
頼んだよ、内村くん!!


世界体操@ロンドン [体操]

朝5時まで体操の世界選手権を見てました。(xωx)
内村航平くん出場の男子個人。圧勝の金メダルでした。
おめでとう~~~♪ (≧∇≦)
体操好きにとっては、"コーチが畠田好章さん" というのがまた見てて
嬉しかったですね~。
私はオリンピック大好きのスポーツ観戦好きですが、おそらくこれは
オリンピック好きの父の影響。
子供の頃、チャンネル権は子供らにはなかったので、興味あろうが
なかろうが小さい頃からオリンピックを見て育ちました。
当時、男子体操がとても強かったからだと思うけど、体操は私の
お気に入り。好きだった選手は加藤沢男さん。
なので、
スポーツ観戦好きの私が人生で一番長く見てきたのが
男子体操なのです。
でも、低迷の時期はあまり見てなかったかな。
強くないとメディアもあまり取り上げませんしね。
アテネオリンピックも期待していなかったので、復活の金メダルには
それはそれは感動しました。強い日本が戻ってきたーーーっっって。
いい選手が1人、2人いても団体のメダルは難しいですからね。
あー、今でも思い出すなー、あの感動!! (ToT)
富田選手の体操は本当に本当に美しかったですからね~。
引退しちゃって本当に残念。
彼ほどのオールラウンダーはそうそう出ないですからね~。

.....と思ってたのに、内村くんたらあっさり個人総合優勝ですか??!!
確かに北京オリンピックでの内村くんの登場には
非常に興奮しました。
内村くんの ゆか を見て、なんなんだ、この子は??!! と思いました。
ひねりがすごいのです! ひねったあとの着地がすごい、というのかな。
素人目ですが、普通、3回ひねりとかやると着地のときに力で止めよう
とするので体にひねった余韻が残るのですが、内村くんにはそれがない!
ストンと普通に立っちゃう。
ちゃんとひねりきって下りてくるとそう立てるみたいで、昨日のヨネさま
=米田さんの
解説によると内村くんはひねりの回転が速いのだとか。
感動しつつも、北京の段階ではあん馬やつり輪などのパワー系が
苦手そうだったので、まだまだオールラウンダーではないんだなーと
思ってたのに、あっさり進化しちゃいましたねぇ。
あん馬、うまくなってたなー。びっくりしました。
点の出にくい ゆか、あん馬と続く第1班にも関わらず、2種目目から
首位をキープ。独走でした。
ホントなら、抜きつ抜かれつの展開のほうが面白いんですけどねぇ。
今回はドイツのハンビュヘンが骨折で出られなくなっちゃったのが
残念でしたね。出てたら、いい勝負だっただろーになー。
ハンビュヘン選手は体と不釣合いなかわいらしい童顔なのですが、
富田選手みたいにパワーがあって、かつ美しい体操を見せてくれる
数少ないオールラウンダー。
内村くんがいなかったらイチオシの選手ですね。
次の大会では 2人の接戦が見られるといいですね~♪

いやー、それにしてもオリンピックでも NHK杯でもないのに、
体操を生放送で見られるなんて幸せでした♪
やっぱ、スポーツ観戦は生でないと!
内村さまさまだな。感謝感謝。
惜しくも 4位でしたが、田中和仁選手もいい演技でした。
ロンドンオリンピック、楽しみだぞーーー♪
.....だいぶ気が早いか。

さて、ライオンズのいないクライマックスシリーズ。
まずは楽天が 1勝しましたね。
杉内がノックアウトだなんて予想外な展開でした。
さてさて明日はどうなりますやら.....。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。